Snack Candy Nagasaki

スナックキャンディー 長崎

Our about

Snack Candy

スナックCandy長崎の話の前に、本家スナックCandyの紹介を、、、

本家スナックCandyは、西野亮廣の絵本「えんとつ町のプペル」の世界観で作られ、西野亮廣とSHOWROOMの前田裕二がオーナーの「会員制のスナック」。住所は非公開。

このCANDYでの売りは「美味しいお酒」や「上質のサービス」と言ったものではありません。たった一つ!「コミュニケーション」です。

そして、日本全国に続々とCandyの支店が増えていっています。

Before
本家スナックCandyも、はじめは普通の内装でした。

After

2016年にキングコング西野亮廣さんが絵本作家をしていることを知り、絵本「えんとつ町のプペル」の発売前にこの絵本のことを知り、その世界に魅了されて、えんとつ町のプペル製作費を募るクラウドファンディングで、えんとつ町個展の権利を購入し、2017年11月に長崎で個展を開催させて頂きました⭐︎

Candy長崎は、本家Candyと同様に、居抜き状態の店舗から、みんなでDIYを楽しんだり、学んだり、お力を貸してもらいながら一緒に進んでいければ嬉しいです。
皆で力を合わせて、えんとつ町の住人になれるスナック、誰もが特別な存在になれるスナック、そんなスナックCANDY長崎を作っていきます。

現在のcandy長崎は長崎の飲み屋街、銅座にあるスナックの居抜き物件を2020年3月8日に借りたばかりの状態で今はまだ居抜きの状態のままで営業しています⭐︎

この写真がお借りする予定の物件の現在の状態です。これをみんなでDIYしながら1年くらいかけて本家スナックCandyのような内装を少しずつ作っていきたいと思います。

これをみんなでDIYしながら1年くらいかけて本家スナックCandyのような内装を少しずつ作っていきたいと思います。
今後株式会社NISHINOとライセンス契約し、空間デザインは西野さんのパリの個展や天才万博を手掛けている一級建築士の只石快歩さんにお願いする予定で準備を進めています。

これからスナックCandy長崎グランドオープンに向けて、作戦会議をやったり、みんなでDIY作業をやったり、飲み会をやったり、いろいろなことをしていきますので、気軽に遊びに来て頂けると嬉しいです(^^)

Project Member

のりこママ

Noriko Kanzaki

この度スナックCandy長崎店オープンに向けて動き出すことになりました占いが出来るのりこママこと神崎のり子です。
オーナーとしてまたのりこママとして頑張ります!!よろしくお願いいたします(^^)